コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生歯疾患 せいししっかんdentition diseases

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生歯疾患
せいししっかん
dentition diseases

乳歯が萌出する時期に,しばしば不きげん,不安,発熱,下痢,けいれんなどの症状が現れることから名づけられたもので,当初は歯肉の緊張感,疼痛歯肉炎などが原因と考えられていた。しかしその後,この時期は離乳期にあたるので,食物の変化による不きげんや胃腸障害,母体から受継いだ免疫力の低下による感染症などが原因であるとする意見が強くなっている。人工栄養児にみられることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android