生殺与奪(読み)セイサツヨダツ

デジタル大辞泉の解説

せいさつ‐よだつ【生殺与奪】

生かしたり殺したり、与えたり奪ったりすること。他人をどのようにも思いのままにすること。「生殺与奪を握る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいさつよだつ【生殺与奪】

生かしたり殺したり、与えたり奪いとったりすること。どうしようと思うままであること。 「 -の権を握る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいさつ‐よだつ【生殺与奪】

〘名〙 生かしたり殺したり、与えたり奪ったりすること。人民や部下などをどのようにでも思いのままに支配すること。多く、「生殺与奪の権」の形で用いられる。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉凡例「又古昔彼土に人奴あり、生殺与奪の権皆其主人に在りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生殺与奪の関連情報