コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産情報公表JAS規格

1件 の用語解説(生産情報公表JAS規格の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

生産情報公表JAS規格

生産情報公表JAS規格とは、JAS法第2条第3項第2号で定める「生産の方法についての基準」を内容とする特定JAS規格。これは、事業者が農林物資の生産情報を消費者に正確に伝えていることを農林水産大臣が登録した第三者機関(登録認定機関)が事業者を認定する任意の制度である。
登録認定機関から認定を受けた事業者は認定生産行程管理者として、JAS規格に適合しているかどうか検査を行い、適合している農林物資に自らJASマークを貼付することができる。
生産情報公表JAS規格は、平成15年12月に牛肉、平成16年7月に豚肉の規格が施行されている。具体的には、認定生産行程管理者が生産情報を正確に記録、保管、公表し、JAS規格に適合している牛肉、豚肉にJASマークを付して販売し、消費者はJASマークが付された牛肉、豚肉に表示されている識別番号と生産情報の公表の方法を基に生産情報を入手することができる仕組みである。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生産情報公表JAS規格の関連キーワードJAS有機JAS認証制度JASマークJAS規格JAS法生産情報公表JASマーク特定JASマーク有機JASマークアイスクリーム類開示と公表

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone