生臙脂(読み)ショウエンジ

大辞林 第三版の解説

しょうえんじ【生臙脂】

鮮紅色の染料。エンジ虫の一種コックスラックの死骸を含む熱帯産の樹脂からとる。絵画・友禅染め・更紗サラサ染めなどに用いる。胡臙脂こえんじ。綿臙脂。
植物アカビユの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

生臙脂 (ショウエンジ)

植物。莧の品種。アカヒユの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐えんじ シャウ‥【生臙脂】

〘名〙
① 近世に中国から渡来した鮮紅色の染料。綿にしませてから乾かしたもので、湯にひたしてその汁をしぼって使用する。絵画の彩色、特殊の友禅、更紗(さらさ)染めに用い、中国人は化粧料にする。ペルシア・インド地方に産するコックスラッカと称する小虫の寄生した樹脂スチックラックより採る。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 植物「あかひゆ(赤莧)」の異名。〔語彙(1871‐84)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android