コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業別組合会議(読み)さんぎょうべつくみあいかいぎ(英語表記)Congress of Industrial Organizations; CIO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業別組合会議
さんぎょうべつくみあいかいぎ
Congress of Industrial Organizations; CIO

アメリカの労働組合組織。 1935年アメリカ労働総同盟 AFL内の分派活動組織として発足し,自動車,鉄鋼アルミニウム,化学その他の基幹産業部門でめざましい組織活動を展開。 36年 AFLより追放され,38年に J.ルイスを会長に正式に独立した運動組織となった。産業別組合主義をとり,未熟練労働者の組織化を重視した点に特色があり,1930年代後半のアメリカの急激な労働運動の発展の推進力となった。しかし第2次世界大戦後内部の「赤狩り」を行うなど保守化の傾向を強め,55年 AFLと合併した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の産業別組合会議の言及

【ルイス】より

…1930年代に,ワグナー法に代表されるニューディール期の労働・社会立法を背景にして,アメリカ労働総同盟(AFL)内部に,当時未組織であった重化学工業分野を組織化するにあたって,職業別か産業別かという組織原則をめぐる対立が生じた。ルイスは,産業別組合主義の旗頭として活躍し,35年にUMWAをAFLから脱退させ,産業別組合会議(CIO)の結成に向かった。鉄鋼,自動車,ゴム,電機などの基幹産業に強力な産業別組合をつぎつぎに組織し,CIOをAFLに対抗しうる勢力にまで成長させた。…

※「産業別組合会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android