コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業教育振興法 さんぎょうきょういくしんこうほう

1件 の用語解説(産業教育振興法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業教育振興法
さんぎょうきょういくしんこうほう

昭和 26年法律 228号。産業教育の振興をはかることを目的として制定された法律。都道府県および市町村地方産業教育審議会をおくこと,公立,私立の中学校高等学校,大学に対する産業教育設備費の国庫負担および補助などについて定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の産業教育振興法の言及

【産業教育】より

職業訓練や企業内で行われる教育訓練も広義の産業教育にふくまれる。しかし狭義には,産業教育振興法の制定(1951)後は,中学校の技術・家庭科(1958年までは職業・家庭科),高等学校の工業,農業,商業,水産,家庭,衛生看護の各学科(これらを一括して職業学科という)の教育を総称することが多い。普通教育の学校系統とは別個の学校とされていた実業学校は,第2次大戦後の学制改革で解消され,狭義の産業教育は,いわゆる単線型の学校体系のなかに位置づけられた。…

※「産業教育振興法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

産業教育振興法の関連キーワード略取誘拐罪京都議定書目標達成計画電子辞書Nexus9凱旋門賞自民・品川区議団政務調査費訴訟湯島被災地のがれきアクチニウム2E

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone