コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業災害 さんぎょうさいがいindustrial accident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業災害
さんぎょうさいがい
industrial accident

広義の労働災害と同義。国際労働機関 ILOの定義では「労働者が,物体,物質,または他人と接触したこととか,種々の物体や作業条件の影響により,または労働者の動作によって,健康障害を生じた事件」とされている。この定義では,職業病も含む広範囲のものをさしており,日本でも,労働基準法,労働者災害保険法ではこの見解をとっているが,一般には,職業病を除くものとして用いることが多い。後者の労働災害のおもな原因は,交通事故,土砂崩壊,爆発,墜落で,年間約 7000人が死亡し,8日以上の休業は 30万~40万人に及んでいる。産業災害は基本的に防止可能であり,労働安全衛生法では,衛生とともに安全の管理に関して,安全管理組織,安全管理者,作業主任者,危険防止措置などを規定している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

産業災害の関連キーワード労働者健康安全機構三村 起一災害心理学安全性

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業災害の関連情報