墜落(読み)ついらく

精選版 日本国語大辞典「墜落」の解説

つい‐らく【墜落】

〘名〙
① 高いところから落ちること。下に落ちること。下。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「是等の負担は皆自余の人民の頭上に墜落する者なり」
※春の鳥(1904)〈国木田独歩〉四「此高い石垣の上から六蔵の墜落(ツヰラク)して」 〔顔氏家訓帰心
② 盛んな状態から急激に衰微、没落の状態になること。
※英和記簿法字類(1878)〈田鎖綱紀〉「Insolvency 〈略〉墜落スルコト」
※春寒(1921)〈寺田寅彦〉「全盛の頂上から一時に墜落して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「墜落」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「墜落」の解説

【墜落】ついらく

落下する。〔顔氏家訓、帰心〕星を物のと爲す。~星、することりて、乃ち石と爲る。(も)し是れ石ならば、光ることを得ず。性質重し。何の屬するぞ。

字通「墜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android