墜落(読み)ついらく

精選版 日本国語大辞典 「墜落」の意味・読み・例文・類語

つい‐らく【墜落】

〘名〙
① 高いところから落ちること。下に落ちること。墜下。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「是等の負担は皆自余の人民頭上に墜落する者なり」
※春の鳥(1904)〈国木田独歩〉四「此高い石垣の上から六蔵の墜落(ツヰラク)して」 〔顔氏家訓帰心
② 盛んな状態から急激に衰微没落の状態になること。
※英和記簿法字類(1878)〈田鎖綱紀〉「Insolvency 〈略〉墜落スルコト」
春寒(1921)〈寺田寅彦〉「全盛頂上から一時に墜落して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「墜落」の意味・読み・例文・類語

つい‐らく【墜落】

[名](スル)高い所から落ちること。「飛行機墜落する」
[類語]落下転落落ちる落ち込む陥る落っこちる下がる沈む下降する降下する沈下する低下する低落する下落する落馬する落輪する脱輪する失墜する滑落する崩落する滑り落ちる転げ落ちる崩れ落ちる零れ落ちる零れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「墜落」の読み・字形・画数・意味

【墜落】ついらく

落下する。〔顔氏家訓、帰心〕星を物のと爲す。~星、することりて、乃ち石と爲る。(も)し是れ石ならば、光ることを得ず。性質重し。何の屬するぞ。

字通「墜」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android