墜落(読み)ついらく

精選版 日本国語大辞典「墜落」の解説

つい‐らく【墜落】

〘名〙
① 高いところから落ちること。下に落ちること。下。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「是等の負担は皆自余の人民の頭上に墜落する者なり」
※春の鳥(1904)〈国木田独歩〉四「此高い石垣の上から六蔵の墜落(ツヰラク)して」 〔顔氏家訓‐帰心〕
② 盛んな状態から急激に衰微、没落の状態になること。
※英和記簿法字類(1878)〈田鎖綱紀〉「Insolvency 〈略〉墜落スルコト」
※春寒(1921)〈寺田寅彦〉「全盛の頂上から一時に墜落して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「墜落」の解説

つい‐らく【墜落】

[名](スル)高い所から落ちること。「飛行機が墜落する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android