産道感染(読み)さんどうかんせん

妊娠・子育て用語辞典の解説

さんどうかんせん【産道感染】

母体の持っていた病原体(ウイルスや菌など)が分娩のとき産道の粘膜や血液を介して赤ちゃんに感染すること。B群溶血性連鎖球菌大腸菌のほか、B型肝炎ウイルス性感染症である性器ヘルペスクラミジアなどの感染があります。病原体によっては、感染予防のために帝王切開になる場合もあります。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産道感染の関連情報