コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産道感染 さんどうかんせん

1件 の用語解説(産道感染の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

さんどうかんせん【産道感染】

母体の持っていた病原体(ウイルスや菌など)が分娩のとき産道の粘膜や血液を介して赤ちゃんに感染すること。B群溶血性連鎖球菌大腸菌のほか、B型肝炎ウイルス性感染症である性器ヘルペスクラミジアなどの感染があります。病原体によっては、感染予防のために帝王切開になる場合もあります。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産道感染の関連キーワード母子感染バリア機能病原体ヘルペスウイルス濾過性病原体高病原性低病原性病原性水産用ワクチンウイルスの病原性 (pathogenicity of virus)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産道感染の関連情報