コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用健周乾 ようけん しゅうけん

1件 の用語解説(用健周乾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

用健周乾 ようけん-しゅうけん

1376-1431 室町時代の僧。
永和2=天授2年生まれ。栄仁(よしひと)親王の王子。臨済(りんざい)宗。春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)の法をつぎ,京都天竜寺の首座(しゅそ)となる。応永29年(1422)父の遺言により京都大光明寺に大通院をひらいた。永享3年3月1日死去。56歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

用健周乾の関連キーワード二条良基バーゼル公会議Edward the Confessor救済ウルム尊卑分脈浮石寺荒川詮頼京極高数島津師久

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone