コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中喜作 たなか きさく

1件 の用語解説(田中喜作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中喜作 たなか-きさく

1885-1945 大正-昭和時代前期の美術史家。
明治18年2月7日生まれ。田中豊蔵の弟。京都市立美術工芸学校,関西美術院でまなぶ。昭和2年美術研究所所員となり,東京美術学校(現東京芸大)講師をつとめた。浮世絵の研究で知られ,晩年は桃山美術と初期文人画を研究した。昭和20年7月1日死去。61歳。京都出身。著作に「浮世絵概説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田中喜作の言及

【画商】より

…東京美術俱楽部は東京のほか大阪,京都,名古屋,金沢に俱楽部をもち,入札競売のほか毎年〈五都展〉を開く。一方,洋画商の草分けは1910年,高村光太郎が開いた琅玕堂(ろうかんどう)で,大正初期に田中喜作の田中屋,川路柳虹の流逸荘,野島康三の兜屋がつづく。昭和初期に牧師出身の長谷川仁がはじめた日動画廊は,戦前は上海,戦後はパリをふくむ10都市以上に支店をもった。…

※「田中喜作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中喜作の関連キーワード池田平作大久保百合子酒井繁鈴木敏也戸川篤次藤森省吾三木宗策森下彰子山本武蔵渡辺七郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone