田中適斎(読み)たなか てきさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中適斎 たなか-てきさい

1768-1821 江戸時代後期の郷土史家。
明和5年生まれ。家は近江(おうみ)(滋賀県)栗太郡の豪商。京都の岩垣竜渓(りゅうけい)に儒学をまなぶ。淡水社という好古会を毎月ひらき,歴史・考古学をはじめ天文,地理,和漢の故事を研究した。文政4年8月1日死去。54歳。名は貞昭。字(あざな)は元卿。通称は平右衛門。屋号は新屋。著作に「栗太郡志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android