コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中館秀三 たなかだて ひでぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中館秀三 たなかだて-ひでぞう

1884-1951 明治-昭和時代の地理・地質学者。
明治17年6月11日生まれ。田中館愛橘(あいきつ)の養子。明治43年からドイツ,イタリアへ留学。北海道帝大,東北帝大,ナポリ大で火山学,湖沼学,経済地理学を講義。ベスビオ火山の研究で有名。万国火山学会副会長。昭和26年1月29日死去。66歳。岩手県出身。東京帝大卒。旧姓は下斗米(しもとまい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の田中館秀三の言及

【湖沼学】より

…日本では1899年に田中阿歌麿(1869‐1944)によって初めて湖沼学が開拓され,諏訪湖の研究などが行われた。ほかに田中館秀三(1884‐1951),宮地伝三郎(1901‐88),吉村信吉(1906‐47)らの調査研究により,湖沼学は非常に進歩した。 現在の湖沼の研究は細分化され,専門化されている。…

【田中館愛橘】より

…1944年文化勲章を受章。【山崎 正勝】 なお,愛橘の養子として同家を継いだ田中館秀三(1884‐1951)は岩手県福岡町の旧家,下斗米(しもとまい)家の三男。自然地理学者で,火山学,湖沼学に関する研究を主とし,東北大学理学部地理学科の創設に尽力した。…

※「田中館秀三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田中館秀三の関連キーワード山口 弥一郎三松 正夫昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android