コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中館秀三 たなかだて ひでぞう

1件 の用語解説(田中館秀三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中館秀三 たなかだて-ひでぞう

1884-1951 明治-昭和時代の地理・地質学者。
明治17年6月11日生まれ。田中館愛橘(あいきつ)の養子。明治43年からドイツ,イタリアへ留学。北海道帝大,東北帝大,ナポリ大で火山学,湖沼学,経済地理学を講義。ベスビオ火山の研究で有名。万国火山学会副会長。昭和26年1月29日死去。66歳。岩手県出身。東京帝大卒。旧姓は下斗米(しもとまい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田中館秀三の言及

【湖沼学】より

…日本では1899年に田中阿歌麿(1869‐1944)によって初めて湖沼学が開拓され,諏訪湖の研究などが行われた。ほかに田中館秀三(1884‐1951),宮地伝三郎(1901‐88),吉村信吉(1906‐47)らの調査研究により,湖沼学は非常に進歩した。 現在の湖沼の研究は細分化され,専門化されている。…

【田中館愛橘】より

…1944年文化勲章を受章。【山崎 正勝】 なお,愛橘の養子として同家を継いだ田中館秀三(1884‐1951)は岩手県福岡町の旧家,下斗米(しもとまい)家の三男。自然地理学者で,火山学,湖沼学に関する研究を主とし,東北大学理学部地理学科の創設に尽力した。…

※「田中館秀三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中館秀三の関連キーワード小川琢治輿地誌略鮎沢信太郎内田寛一小笠原義勝小田内通敏西川治橋本福松藤岡謙二郎松尾俊郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone