田代素魁(読み)たしろ そかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代素魁 たしろ-そかい

1913-1996 昭和-平成時代の挿絵画家。
大正2年5月3日生まれ。石井柏亭に洋画をまなぶ。昭和7年挿絵画家に転じ,「キング」や「婦人倶楽部(クラブ)」で活躍。松本清張の「大岡政談」,石川達三の「傷だらけの山河」,山崎豊子の「白い巨塔」などの挿絵で知られる。平成8年1月7日死去。82歳。東京出身。太平洋美術学校卒。本名は友綱。旧名は光(ひかる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android