コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井柏亭 いしい はくてい

9件 の用語解説(石井柏亭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

石井柏亭

洋画家。東京生。日本画家石井鼎湖の子、彫刻家鶴三の兄。名は満吉。初め父に日本画を、のち浅井忠・中村不折について洋画を学ぶ。日本水彩画会・二科会一水会等を主宰。二科会・一水会創立会員。帝国芸術院会員。日本芸術院会員。昭和33年(1958)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いしい‐はくてい〔いしゐ‐〕【石井柏亭】

[1882~1958]洋画家。東京の生まれ。本名、満吉。父石井鼎湖(ていこ)に日本画を、浅井忠に洋画を学ぶ。明治末期には同志数名と近代版画運動の先駆となった「方寸」を創刊。二科会・一水会を創立。堅実な自然主義リアリズムの作品を描き、教育・著述の分野でも活躍。芸術院会員。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石井柏亭【いしいはくてい】

洋画家。東京生れ。本名満吉。日本画家石井鼎湖を父とし,石井鶴三の兄。初め日本画を学んだが,のち洋画を志し浅井忠中村不折に師事,さらに東京美術学校に学ぶ。1910年渡欧,帰国後二科会の創立に加わり,のち退いて一水会を設立。
→関連項目水彩パンの会平塚運一山本鼎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井柏亭 いしい-はくてい

1882-1958 明治-昭和時代の洋画家。
明治15年3月28日生まれ。石井鼎湖(ていこ)の長男。父に日本画を,浅井忠に洋画をまなぶ。明治34年无声(むせい)会に参加。40年山本鼎(かなえ)らと美術誌「方寸」を創刊し,翌年「パンの会」を結成。渡欧後の大正3年二科会を,昭和11年一水会を創立した。昭和10年帝国美術院会員。昭和33年12月29日死去。76歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。本名は満吉。代表作に「パリの宿にて」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

石井柏亭

1882〜1958(明治15年〜昭和33年)【洋画家】平明な水彩画で日常を描いた、詩人画家。 二科会を創設。明治〜昭和期の洋画家。父は日本画家石井鼎湖(ていこ)鶴三は弟。本名満吉。東京都出身。東京美術学校中退。浅井忠・中村不折(ふせつ)に学び、日本画の无声(むせい)会にも参加、夏目漱石高村光太郎らとも交流し、幅広い活動を行った。1907年(明治40)創作版画誌「方寸」を創刊、1908年木下杢太郎らによるパンの会に加わる。1914年(大正3)二科会の創立、1915年「中央美術」創刊にかかわる。1935年(昭和10)帝国美術院会員となり、1936年一水会を創立。平明なタッチの水彩画で自然や日常を描いた。代表作「巴里の宿」

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしいはくてい【石井柏亭】

1882‐1958(明治15‐昭和33)
洋画家。本名満吉。東京に生まれる。日本画家石井鼎湖の長男,彫刻家鶴三の兄。父に日本画を,のち浅井忠に洋画を学ぶ。1901年日本画の无声会(むせいかい)に,翌年洋画の太平洋画会に参加。04年東京美術学校西洋画科に入学したが,眼を病み翌年退学。07年森田恒友,山本鼎と芸文誌《方寸》を創刊,詩歌,評論,版画にも才能を発揮した。10‐12年滞欧。13年日本水彩画会を,翌年山下新太郎有島生馬らと二科会を創立,とくに後者の中軸としてその発展に尽力。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしいはくてい【石井柏亭】

1882~1958) 洋画家。東京生まれ。本名、満吉。鶴三の兄。同志とともに「方寸」刊行、また二科会を創立するなど美術界に貢献。版画・水彩画に優れた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井柏亭
いしいはくてい

[生]1882.3.28. 東京
[没]1958.12.29. 東京
洋画家,美術評論家。日本画家石井鼎湖の長男。本名は満吉。幼時より父に日本画を学び,のち浅井忠に洋画を学ぶ。 1904年東京美術学校西洋画科に入学し,黒田清輝藤島武二に師事したが翌年眼病のため中退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井柏亭
いしいはくてい
(1882―1958)

洋画家。本名満吉。東京生まれ。幼少から父鼎湖(ていこ)に日本画を習う。浅井忠(ちゅう)について油絵を始める一方、无声(むせい)会の新日本画運動に加わり会員となる。1904年(明治37)東京美術学校洋画科に入学、太平洋画会展に印象派風の『草上の小憩』を出品し、翌年中退。07年『方寸』誌を同志と創刊し、近代版画運動の先駆となり、さらに「パンの会」を創始する。明治末にヨーロッパ各国を巡遊。14年(大正3)二科会の創立に参加。35年(昭和10)帝国美術院会員となり、二科を離れて同志と一水会を創立した。生涯を通じて、日本の風土に即した、平明堅実な自然主義的リアリズムの道を歩み、水彩画の発達にも貢献した。教育、著述の分野の功績も大きい。彫刻家石井鶴三は弟。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井柏亭の関連キーワード大智勝観昭和町参与官日月の窓庵原順一下田富三郎白神邦二西浦宇吉藤井浩祐堀文平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石井柏亭の関連情報