コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井柏亭 いしい はくてい

デジタル大辞泉の解説

いしい‐はくてい〔いしゐ‐〕【石井柏亭】

[1882~1958]洋画家。東京の生まれ。本名、満吉。父石井鼎湖(ていこ)に日本画を、浅井忠に洋画を学ぶ。明治末期には同志数名と近代版画運動の先駆となった「方寸」を創刊。二科会・一水会を創立。堅実な自然主義的リアリズムの作品を描き、教育・著述の分野でも活躍。芸術院会員。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石井柏亭【いしいはくてい】

洋画家。東京生れ。本名満吉。日本画家石井鼎湖を父とし,石井鶴三の兄。初め日本画を学んだが,のち洋画を志し浅井忠中村不折に師事,さらに東京美術学校に学ぶ。1910年渡欧,帰国後二科会の創立に加わり,のち退いて一水会を設立。
→関連項目水彩パンの会平塚運一山本鼎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井柏亭 いしい-はくてい

1882-1958 明治-昭和時代の洋画家。
明治15年3月28日生まれ。石井鼎湖(ていこ)の長男。父に日本画を,浅井忠に洋画をまなぶ。明治34年无声(むせい)会に参加。40年山本鼎(かなえ)らと美術誌「方寸」を創刊し,翌年「パンの会」を結成。渡欧後の大正3年二科会を,昭和11年一水会を創立した。昭和10年帝国美術院会員。昭和33年12月29日死去。76歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)中退。本名は満吉。代表作に「パリの宿にて」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

石井柏亭

1882〜1958(明治15年〜昭和33年)【洋画家】平明な水彩画で日常を描いた、詩人画家。 二科会を創設。明治〜昭和期の洋画家。父は日本画家石井鼎湖(ていこ)鶴三は弟。本名満吉。東京都出身。東京美術学校中退。浅井忠・中村不折(ふせつ)に学び、日本画の无声(むせい)会にも参加、夏目漱石、高村光太郎らとも交流し、幅広い活動を行った。1907年(明治40)創作版画誌「方寸」を創刊、1908年木下杢太郎らによるパンの会に加わる。1914年(大正3)二科会の創立、1915年「中央美術」創刊にかかわる。1935年(昭和10)帝国美術院会員となり、1936年一水会を創立。平明なタッチの水彩画で自然や日常を描いた。代表作「巴里の宿」

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしいはくてい【石井柏亭】

1882‐1958(明治15‐昭和33)
洋画家。本名満吉。東京に生まれる。日本画家石井鼎湖の長男,彫刻家鶴三の兄。父に日本画を,のち浅井忠に洋画を学ぶ。1901年日本画の无声会(むせいかい)に,翌年洋画の太平洋画会に参加。04年東京美術学校西洋画科に入学したが,眼を病み翌年退学。07年森田恒友,山本鼎と芸文誌《方寸》を創刊,詩歌,評論,版画にも才能を発揮した。10‐12年滞欧。13年日本水彩画会を,翌年山下新太郎,有島生馬らと二科会を創立,とくに後者の中軸としてその発展に尽力。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いしいはくてい【石井柏亭】

1882~1958) 洋画家。東京生まれ。本名、満吉。鶴三の兄。同志とともに「方寸」刊行、また二科会を創立するなど美術界に貢献。版画・水彩画に優れた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井柏亭
いしいはくてい

[生]1882.3.28. 東京
[没]1958.12.29. 東京
洋画家,美術評論家。日本画家石井鼎湖の長男。本名は満吉。幼時より父に日本画を学び,のち浅井忠に洋画を学ぶ。 1904年東京美術学校西洋画科に入学し,黒田清輝藤島武二に師事したが翌年眼病のため中退。 07年東京府勧業博覧会に『廃園』を出品。 10年から翌々年まで渡欧。帰国後は,13年第7回文展の『滞船』が2等賞となった。同年日本水彩画会,翌年二科会を創立。 35年二科会を脱退して一水会を設立。第2次世界大戦後は日展に油絵,水彩画を発表,淡々とした色調と軽快な筆致で独自の画風を示した。帝国美術院会員,日本芸術院会員,日展理事と審査員をつとめた。著書も多く,『日本絵画三代志』『柏亭自伝』ほか 20冊余がある。主要作品『独乙の女』 (1912) ,木版『東京十二景』 (10~16頃) ,『サン・ミシェル橋』 (23,東京国立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石井柏亭
いしいはくてい
(1882―1958)

洋画家。本名満吉。東京生まれ。幼少から父鼎湖(ていこ)に日本画を習う。浅井忠(ちゅう)について油絵を始める一方、无声(むせい)会の新日本画運動に加わり会員となる。1904年(明治37)東京美術学校洋画科に入学、太平洋画会展に印象派風の『草上の小憩』を出品し、翌年中退。07年『方寸』誌を同志と創刊し、近代版画運動の先駆となり、さらに「パンの会」を創始する。明治末にヨーロッパ各国を巡遊。14年(大正3)二科会の創立に参加。35年(昭和10)帝国美術院会員となり、二科を離れて同志と一水会を創立した。生涯を通じて、日本の風土に即した、平明堅実な自然主義的リアリズムの道を歩み、水彩画の発達にも貢献した。教育、著述の分野の功績も大きい。彫刻家石井鶴三は弟。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石井柏亭の関連キーワード鈴木信太郎(洋画家)日本創作版画協会鈴木信太郎(3)下沢 木鉢郎本田 庄太郎下沢木鉢郎鈴木信太郎伊上 凡骨中村 善策安井曽太郎昭和時代高田力蔵中川紀元伊上凡骨田代素魁江崎寛友西村伊作美術界南薫造納富進

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石井柏亭の関連情報