婦人倶楽部(読み)ふじんくらぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)「婦人倶楽部」の解説

婦人倶楽部
ふじんくらぶ

講談社発行の女性月刊誌。『講談倶楽部』『少年倶楽部』など「倶楽部」の名のつく一連の講談社のマスマガジン路線の一翼を担ってきた。1920年(大正9)10月野間清治創刊、3号まで『婦人くらぶ』。当初は良妻賢母美徳とする精神的、教育的な記事に重点を置いたが、いまひとつ人気を呼ばなかった。その後、家庭生活に役だつ実用本位の記事に重点を移し、家庭誌に脱皮すると人気も急上昇、30年代の激しい付録合戦を経て、既婚女性層の人気を『主婦の友』と長く二分してきたが、趣味の多様化、新しい生活情報誌の出現などの流れに勝てず88年(昭和63)廃刊

 満男・田村紀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android