コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代紫紅 たしろ しこう

1件 の用語解説(田代紫紅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代紫紅 たしろ-しこう

?-1731 江戸時代前期-中期の俳人。
江戸の人。榎本其角(えのもと-きかく)の門人。出羽(でわ)久保田藩家老梅津其雫(きか)が帰藩する際,其角にかわってともに秋田にいき,蕉風(しょうふう)俳諧(はいかい)をひろめた。晩年は江戸にもどった。享保(きょうほう)16年8月10日死去。別号に紫孔,紫好,止子山人,通元。編著に「そのはちす」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田代紫紅の関連キーワード一和素秋植村信安其音久米田杉尋乗阿蝶々子(1)貞陸中尾槐市中堀僖庵

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone