コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田所千秋 たどころ ちあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田所千秋 たどころ-ちあき

1836-1911 幕末-明治時代の武士,歌人。
天保(てんぽう)7年10月26日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩士。秋元正一郎に国学を,本居豊穎(もとおり-とよかい)に和歌をまなぶ。元治(げんじ)元年甲子の獄で蟄居(ちっきょ)謹慎。維新後司法省勤務をへて神戸の生田神社宮司となる。明治44年5月28日死去。76歳。本姓は三輪。名は御年,有稔。号は日米道人,鹿水。歌集に「垣内(かきつ)の小草(おぐさ)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田所千秋の関連キーワード牧野省三ビュヒナー(Karl Georg Büchner)桂太郎内閣ランデールタルカット岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android