コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中耕 ちゅうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中耕
ちゅうこう

中打ちともいい,作物の生長期間中に条間を耕起する作業のこと。その効果は土壌を膨軟にして根の生長を助けるとともに,土壌を反転,細砕して風化作用を盛んにし,肥料成分を可給態に変えて作物の生育をよくする。除草追肥土寄などを同時に行い,それぞれの作業の効果を増進させるが,土壌の理化学的性質が養分吸収に有利な状態になるため,作物の成熟期を遅らせ悪影響を及ぼすこともある。水稲は田植え後2週間前後,麦類は播種後 40~50日目に第1回目を行い,最後の中耕は水稲では8月上・中旬,麦作では3月中旬に行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐こう〔‐カウ〕【中耕】

[名](スル)農作物の生育中に、その周囲の表土を浅く耕すこと。土壌の通気性などをよくし、作物の生育を促進させるために行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中耕【ちゅうこう】

固くなった畝(うね)の間の土壌を細かく砕くこと。除草のほか通気性,透水性の増大による根の発育促進,水分保持などの作用がある。3〜4週間に1度くらい行うのが普通で,古くは(くわ),万能(まんのう),水田では雁爪(がんづめ),田打車によって行ったが,現在はカルチベーター,小型ハンドトラクターを用いることが多い。
→関連項目水田土壌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうこう【中耕 intertillage】

作物の生育中に,その間の土の表層を浅く耕耘する作業。中耕に対しては,(1)雑草を引き抜いて殺すこと,(2)固結しやすい土では表層を軟らかくして通気性を高めること,(3)傾斜地では土の透水性を高めて降雨時の土壌浸食を防ぐこと,など各種の効果が唱えられている。しかし,主要な効果は耕地の立地条件によって異なっており,日本のように夏季に温暖多湿な条件下では,雑草の防除が最大の目的となる。一般に中耕は集約的農業で実施されるもので,中耕の効果の著しくあらわれる作物は中耕作物,耨耕(じよつこう)作物などと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうこう【中耕】

( 名 ) スル
作物の生育の途中で、畝を浅く耕すこと。空気の通りを良くし、地温を高め、根の呼吸や吸収を促すために行う。中打ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中耕の関連キーワード島津製作所創業記念資料館カイ レイニウス水田中耕除草機ノーベル街道カルチベータ中井太一郎西原 寛一佐藤忠次郎富山中部高マルチング肥培管理田中耕一農事季節石井照久飯守重任セベーリ農作物世界法フェン耕うん

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android