コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村清顕 たむら きよあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村清顕 たむら-きよあき

?-1586 織豊時代の武将。
陸奥(むつ)三春(みはる)城(福島県)城主。蘆名(あしな),二階堂,結城(ゆうき),佐竹などの諸氏と同盟・抗争をくりかえす。天正(てんしょう)7年娘の愛姫(めごひめ)を伊達政宗にとつがせ,伊達氏の力を背景に蘆名,二階堂両氏とたたかった。天正14年10月9日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田村清顕

没年:天正14.10.9(1586.11.19)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。隆顕の子,母は伊達稙宗の娘。室は相馬顕胤の娘。田村氏坂上田村麻呂の後裔で奥州田村庄(福島県田村郡)を代々領して田村氏を名乗ったという。元亀2(1571)年ごろ家督を継ぎ三春城主となり,各々姻戚関係のある伊達,相馬両氏の対立の調停役を務めた。このころ,隣境の二階堂,白河とこれと結ぶ蘆名,石川,佐竹諸氏の勢力にはさまれて苦境にあった。そこで天正7(1579)年娘の愛姫を米沢の伊達政宗に入嫁させ,伊達氏との盟約関係を強化し,二階堂,蘆名両氏と抗争を展開。三春の福聚寺に葬る。

(伊藤清郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田村清顕の関連キーワード田村宗顕(1)伊達輝宗蘆名盛氏田村宗良足羽一貫陽徳院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android