コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田道 たみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田道 たみち

たじ

田道 たじ

日本書紀」にみえる武人
荒田別(あらたわけ)の子。竹葉瀬(たかはせ)の弟。仁徳(にんとく)天皇53年天皇から兵をあたえられて新羅(しらぎ)(朝鮮)を討つ。55年蝦夷(えみし)の反乱をしずめるために派遣されたが,伊峙水門(いしのみと)で戦死。のちふたたび反乱をおこした蝦夷が田道の墓をほったところ,大蛇がでてきて食い殺されたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田道の関連キーワード武士の家計簿/「加賀藩御算用者」の幕末維新父のさじ シーボルトのむすめの物語日米防衛協力のための指針神奈川県伊勢原市下糟屋ヤマトシジミの食卓御田植式[伊雑宮]高築次郎左衛門青森県平川市武士の家計簿上毛野穎人豊岡(市)平田彦四郎宝来山古墳あるのかな粟田道麻呂桜庭和志雲の教室太田資長果樹園芸タチバナ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田道の関連情報