コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

置(き)土産 オキミヤゲ

デジタル大辞泉の解説

おき‐みやげ【置(き)土産】

立ち去るときに贈り物として残しておく品物。
故人や前任者が残していったものや業績。「児童公園は前市長の置き土産だ」「赤字の置き土産

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

置(き)土産の関連キーワード暗がりから牛を引き出す入れ替え・入れ換え揚げ詰め・揚詰め見合わせ・見合せ如何な如何な中六天に括る因果は皿の縁宙六天に括る寝覚め提げ重角を倒さず一つ着る物諷諫・諷諌大束に出る何時も正月至り茶屋花車遊び鯛屋貞柳入れ替え檀那坊主歌舞伎者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android