コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利島 ゆりじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由利島
ゆりじま

愛媛県北西部,伊予灘に浮ぶ無人島松山市に属する。忽那諸島西部の二神島の南方 10kmにあり,東側の大由利と西側の小由利2島がつながったもの。 1941年には一時 16戸が定住,第2次世界大戦中は海軍が砲台を築き約 300人が居住していた。その後イワシ漁業の盛んなときは,漁期に数十人が小屋を建て宿泊していたが,1965年無人化した。面積 0.70km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

由利島

愛媛県松山市、二神島の南約8kmの伊予灘にある無人島。東の大由利島、西の小由利島の2島の間を砂州が結ぶ。もとは大きな島だったものが、13世紀末の地震により中央部が沈み、現在の形になったとされる。かつてはイワシ漁が盛んだった。大由利島南端には灯台がある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

由利島の関連キーワード愛媛県松山市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android