甲斐大蔵(読み)かい おおくら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲斐大蔵 かい-おおくら

1838-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年5月24日生まれ。甲斐右膳の長男。神職の父の命で京都にいき国学などをまなぶ。諸藩の勤王派とまじわり,文久3年(1863)八月十八日の政変により父とともに人吉藩に捕らえられ,元治(げんじ)元年8月24日獄死。27歳。日向(ひゅうが)(宮崎県)出身。名は重逵。通称ははじめ国衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

甲斐大蔵 (かいおおくら)

生年月日:1838年5月24日
江戸時代末期の志士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android