コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐右膳 かい うぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲斐右膳 かい-うぜん

1817-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化14年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)の稲荷神社の神職。文久の初年尊攘運動につくそうと京都へいき,三条実美(さねとみ)の知遇をえる。八月十八日の政変で長州へむかった三条実美らの後を追う。帰郷後,子の大蔵とともに肥後(熊本県)人吉藩に捕らえられ,元治(げんじ)元年6月9日獄死。48歳。日向出身。名は重教。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

甲斐右膳の関連キーワード宮崎県児湯郡西米良村越野尾甲斐大蔵運動家

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android