コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲烏賊 コウイカ

デジタル大辞泉の解説

こう‐いか〔カフ‐〕【甲烏賊】

コウイカ科のイカ。長さ約15センチ。体内に、舟形で後端が針状にとがった甲とよぶ貝殻をもつ。日本近海に産し、食用。はりいか。まいか。すみいか。 春》
石灰質の甲をもつイカ。モンゴウイカなども含めていう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こういか【甲烏賊】

イカの一種。胴は楕円形で、長さ約18センチメートルで、両側にひれがある。石灰質の甲をもち、後端は鋭くとがって針状に突き出す。肉は厚く、美味。本州中部以南に多産。ハリイカ。マイカ。スミイカ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

甲烏賊 (コウイカ)

学名:Sepia esculenta
動物。コウイカ科のイカ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

甲烏賊の関連キーワードヨーロッパコウイカカミナリイカスミイカハリイカ雷烏賊石灰質楕円形マイカまいか針状後端ひれ両側多産

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲烏賊の関連情報