町所(読み)チョウドコロ

  • ちょうどころ チャウ‥
  • ちょうどころ〔チヤウ〕
  • まちどころ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ちょうところ」とも)
① 自分の住んでいる町名や番地。
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「奉加帳に町所をあらはさずとも心ざしすべし」
② 町年寄(まちどしより)の詰めている事務所。会所。
※浄瑠璃・淀鯉出世滝徳(1709頃)上「一もん衆町所迄たのんで、くらぐらにふうをつけ」
〘名〙
① その人の住んでいる、またはその建物などのある、町名や番地。ちょうどころ。
※浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)二「町所の知れた野郎なら、賊(すり)でも連れて来なさい客にすべい」
② 町年寄が詰めて会議をし、町内の公用雑務を執り行なう事務所。ちょうどころ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町所の関連情報