コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町田久成 まちだ ひさなり

2件 の用語解説(町田久成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町田久成 まちだ-ひさなり

1838-1897 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)9年1月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。元治(げんじ)2年藩命で森有礼(ありのり)らと渡英。維新後,文部大丞(だいじょう)などを歴任。のち内務省博物局長として博物館創設につくし,初代帝国博物館館長となる。晩年は仏門にはいった。古美術研究で知られる。明治30年9月15日死去。60歳。通称は民部。号は石谷。変名に上野良太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

町田久成

没年:明治30.9.15(1897)
生年:天保9.1.2(1838.1.27)
明治期の文政家。島津氏門族で薩摩国(鹿児島県)石谷城主町田久長の長男。通称民部,石谷と号す。変名上野良太郎。江戸昌平黌に学び,帰藩後大目付,藩開成所掛。慶応1(1865)年,森有礼ら藩留学生を率いて渡英。滞欧中,博物館事業に注目する。帰国後参与,外国官判事,外務大丞などを歴任。明治4(1871)年文部大丞に転出し,もっぱら博覧会事務に携わる。同6年大英博物館などをモデルにした大博物館構想を唱え建設地を上野山内にすべく建議。同9年にはわが国最初の内務省博物館長に任命されるが,6年後に突如罷免されたことに衝撃を覚え,同22年官を辞して仏門に入った。三井寺光浄院住職として余生を送る。古美術の鑑識に長じ,余技に観音像などを好んで描いたという。<参考文献>一新朋秀「町田久成の生涯と博物館」(『博物館学年報』18,19号)

(犬塚孝明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町田久成の関連キーワード島津伊久鹿児島薩摩国府伊作勝久島津長丸島津久豊(1)島津師久山田宗久

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

町田久成の関連情報