コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画賛/画讃 ガサン

百科事典マイペディアの解説

画賛【がさん】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

画賛
がさん

画贊、画讃とも書き、単に賛ともいう。もともと絵画を賞賛する意味のことを絵の余白に書き記したものをいうが、のちに、絵とともに書かれた文、詩、歌などをさしていうようになった。中国や日本には古くから書画一致の考えがあり、書と絵をあわせて鑑賞したり、書によって記された詩や和歌のもつ文学的内容と絵画とを結び付けるために生まれた。そのおこりは唐代にあり、当時すでに画賛を集めた書がつくられている。形式のうえで整ってきたのは宋(そう)代で、その影響を受けて、わが国の鎌倉・室町時代の水墨画や肖像画の作品にも多くの例がみられる。江戸時代の文人画にも好んで用いられ、現代の日本画にもしばしばみられる。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の画賛/画讃の言及

【賛】より

…かならず4字句から構成され,偶数句で脚韻を踏む。10句前後の短いものが多いが,なかには《文選》に収められる夏侯湛(かこうたん)の《東方朔画賛》などのように,かなり長い作品もある。賛の対象とするところは多岐にわたるが,絵画に付される画賛のごとく,他の何かに付属して行われるのが普通である。…

【墨跡】より

…墨跡ということばは紙や布に墨書された肉筆一般を意味するもので,書跡,筆跡と同義であり,墨迹,墨蹟とも書くが,日本では臨済宗を主とする禅宗僧侶の書を特に禅林墨跡と称し,略して〈墨跡〉と呼ぶ習慣がある。 中国での用例は古く,六朝時代の《宋書》范曄伝に〈示以墨跡〉とあり,唐の詩人韓愈の《高君仙硯銘》中にも〈宛中有点墨跡文字之祥。君家其昌〉と見えている。さらに《宋史》真宗紀に〈太宗墨迹賜天下〉とか,〈真宗書籍万余巻。…

※「画賛/画讃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

画賛/画讃の関連キーワード三・傘・参・參・山・惨・慘・撒・散・杉・桟・棧・燦・産・盞・算・纂・蚕・讃・賛・贊・酸・霰・餐志濃夫廼舎歌集沢田正二郎賛・讃・讚絵馬屋額輔松花堂昭乗自画自賛富岡鉄斎尾形乾山小野お通藪内竹心窪田統泰前野良沢芸阿弥文人画顧愷之東方朔宗鑑文清掛物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android