コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守家任 るす いえとう

1件 の用語解説(留守家任の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

留守家任 るす-いえとう

?-1351 鎌倉-南北朝時代の武将。
陸奥(むつ)高用名(たかもちみょう)(宮城県)内の村の領主。はじめ北畠氏に,のち足利氏に服す。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏方に属し,観応2=正平(しょうへい)6年2月14日岩切城合戦で敗死したという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

留守家任の関連キーワード高師冬伊賀兼長周豪伊達景宗南部政行禰寝清種船田経政松浦定三戸七郎由良光氏

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone