コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留岡清男 とめおか きよお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

留岡清男 とめおか-きよお

1898-1977 昭和時代の教育学者。
明治31年9月16日生まれ。留岡幸助の4男。留岡幸男の弟。法大勤務ののち,昭和4年から非行少年の更生施設北海道家庭学校を運営。8年城戸幡太郎(きど-まんたろう)らと雑誌「教育」を創刊し,12年教育科学研究会を創立。戦後は北海道家庭学校校長,理事長。27年北大教授,のち北星学園女子短大学長。昭和52年2月3日死去。78歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「生活教育論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の留岡清男の言及

【留岡幸助】より

…社会事業家。備中高梁出身。神の前には士族も町人も平等と教えるキリスト教に感動し,1882年入信。88年同志社卒業,伝道に従事。91年北海道空知集治監教誨師(きようかいし)として監獄改良にとりくみ,アメリカ留学後,99年巣鴨に家庭学校,1914年北海道紋別郡遠軽村にその分校を設立し,独自の少年感化教育を行った。雑誌《人道》(1905‐32)を刊行して社会問題を論じ,内務省嘱託として地方改良事業,報徳思想の普及に努めた。…

※「留岡清男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

留岡清男の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android