コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城戸幡太郎 きどまんたろう

2件 の用語解説(城戸幡太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

城戸幡太郎
きどまんたろう

[生]1893.7.1. 松山
[没]1985.11.18. 東京
教育学者,教育心理学者。 1916年東京大学卒業後,知的障害児の知能構造や教育の研究にたずさわる。その後ライプチヒ大学留学中にドイツ教育科学に触発され,法政大学教授に就任 (1924) してからは,教育学を科学的に研究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城戸幡太郎 きど-まんたろう

1893-1985 大正-昭和時代の心理学者,教育学者。
明治26年7月1日生まれ。大正13年法大教授。昭和8年雑誌「教育」を創刊し,12年教育科学研究会を組織。戦後は国立教育研究所所長,北海道教育大学長などをつとめた。昭和60年11月18日死去。92歳。愛媛県出身。東京帝大卒。著作に「国語表現学」「文化と個性と教育」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の城戸幡太郎の言及

【教育学】より

…この欧米の教育学説の紹介を繰り返す教育学のあり方に対し,沢柳政太郎は《実際的教育学》(1909)で,教育の事実を対象とした研究の必要を提唱した。さらに1930年代に入り,阿部重孝,城戸幡太郎らの編集になる岩波講座《教育科学》(1931‐33)が刊行され,観念的教育学を批判し,教育の事実を実証的に把握し解明する方針がとられた。阿部,城戸に佐々木秀一,篠原助市が加わった4人を編者とする《教育学辞典》(1936,岩波書店)は,社会の革新が教育を度外視して画策できぬ現代,教育についての知識は教師だけでなく,国民一般の教養であるとの考えに立って編集されており,戦前の教育学の到達点を示している。…

※「城戸幡太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

城戸幡太郎の関連キーワード高木貞二相場均今田恵大脇義一小熊虎之助佐藤幸治(1)田中良久野上俊夫速水滉依田新

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone