コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義綱(読み)はたけやま よしつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義綱 はたけやま-よしつな

?-1594* 戦国-織豊時代の武将。
畠山義続(よしつぐ)の長男。能登(のと)(石川県)七尾城主。天文(てんぶん)21年(1552)家督をつぐ。重臣の対立や反乱によって永禄(えいろく)9年近江(おうみ)に追われ,のち再三領地回復をこころみたが失敗。文禄(ぶんろく)2年12月21日没したとつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山義綱

没年:文禄2.12.21(1594.2.11)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。父は義続。能登守護,修理大夫。天文21(1552)年,領国の内紛により父義続が引退,家督を相続する。重臣七人衆による支配体制をとったが,七人衆中には遊佐続光と温井紹春の主導権争いがあった。弘治2(1556)年権力の回復と支配体制の強化を意図した義綱は,この争いに勝利した紹春を暗殺し,温井一族を加賀に追う。しかし,これは重臣らの反発を招き,永禄9(1566)年,義続共々能登からの出奔を余儀なくされた。姻戚関係にあった近江六角義弼を頼り,同11年に入国を試みるが失敗。天正5(1577)年に上杉謙信が能登を制圧したことで復帰の可能性はなくなり,能登畠山氏は滅亡。義綱は流浪の末,近江海津に没した。<参考文献>米原正義『戦国武士と文芸の研究』

(石田晴男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android