コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山記念館 はたけやまきねんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山記念館
はたけやまきねんかん

東京都港区白金台にある古美術を収蔵する美術館。荏原製作所創始者畠山一清がその収集品,建物,庭園,基金を提供して,1964年 10月に開館した。茶器,茶掛けを中心とした収蔵品は約 1500点に及ぶ。伝牧谿『遠寺晩鐘図』,伝趙昌『林檎花図』,藤原佐理『離洛帖』,『大慧宗杲墨跡』などの国宝6点,尾形光琳『つつじ図』,本阿弥光悦『赤楽茶碗』などの重要文化財 33点を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

はたけやまきねんかん 【畠山記念館】

東京都港区にある美術館。昭和39年(1964)創立。機械メーカー荏原製作所の創業者畠山一清(いっせい)による、茶道具を中心とした東洋古美術のコレクションを収蔵・展示する。国宝蝶螺鈿蒔絵手箱などを所蔵。
URL:http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/
住所:〒108-0071 東京都港区白金台2-20-12
電話:03-3447-5787

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

畠山記念館の関連キーワード畠山 一清俵屋宗達雪村周継

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畠山記念館の関連情報