コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離洛帖 りらくじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

離洛帖
りらくじょう

藤原佐理 (すけまさ) 筆の消息。「離洛之後云々」で始るのでこの名がある。佐理が大宰大弐となり九州の大宰府へ赴任する途中,長門国 (山口) 赤間関から京都の藤原誠信にあてたもの。下向に際して関白藤原道隆に赴任の挨拶をしなかったのをわびるように依頼している。正暦2 (991) 年5月 19日の日付がある。佐理の消息5通のうち特に筆勢が俊抜。個人蔵。国宝。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

離洛帖【りらくじょう】

991年大宰大弐(だざいのだいに)(大宰府の次官)に任ぜられた藤原佐理(すけまさ)が赴任の途上,長門(ながと)国赤間(あかま)関から京都にいる甥の藤原誠信にあてた消息。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

離洛帖
りらくじょう

平安中期の能書、藤原佐理(すけまさ)自筆の書状。一幅。国宝。東京・畠山(はたけやま)記念館蔵。名称は、冒頭の草名(そうみょう)(花押(かおう)の原形)のあとに続く本文の書き出しの「離洛之後……」とある二字による。佐理は991年(正暦2)正月、大宰大弐(だざいのだいに)に任ぜられた。赴任のため洛(京都)を離れて、筑紫(つくし)国(福岡県)に下向途中、5月16日に長門(ながと)国(山口県)赤間泊(あかまのとまり)(現下関(しものせき)市)に到着。滞留中の同19日、時の摂政(せっしょう)・関白藤原道隆に赴任の挨拶(あいさつ)を怠っていたことに気づき、在京の甥(おい)藤原誠信(さねのぶ)(春宮権大夫(とうぐうのごんのだいぶ))を通じてわびの伝言を頼んだのがこの手紙である。ときに、佐理は48歳。旅中、草卒(そうそつ)にしたためた筆にもかかわらず、筆線の潤渇、肥痩(ひそう)の変化の妙は、さすが「三蹟(さんせき)」の1人にふさわしく、みごとな筆致である。この幅には、江戸中期に上代様(じょうだいよう)の能書家で聞こえた近衛家煕(このえいえひろ)(予楽院(よらくいん))の臨模本(写しの一紙)が添えられており、さらにその紙背には、能書帝伏見(ふしみ)天皇の花押が模写されている。古くは、古筆の愛好家で知られた伏見天皇の所蔵であったことが知られ、伝来のゆゆしさを示している。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

離洛帖の関連キーワード藤原佐理(ふじわらのすけまさ)畠山記念館

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android