コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山高国 はたけやま たかくに

3件 の用語解説(畠山高国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山高国 はたけやま-たかくに

1305-1351 南北朝時代の武将。
嘉元(かげん)3年生まれ。足利尊氏にしたがい,伊勢(いせ)守護となって南朝方とたたかう。嫡子国氏が尊氏方の奥州管領となると,ともに多賀国府におもむいた。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で足利直義(ただよし)方の管領吉良貞家に攻められ,観応2=正平(しょうへい)6年2月12日自害。47歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山高国

没年:観応2/正平6.2.12(1351.3.10)
生年:嘉元3(1305)
南北朝時代の武将。系図では国氏(時国)を父とするが1,2代欠落がある。官途は由緒ある上野介で,畠山氏の嫡流と考えられる。鎌倉幕府再興を図った中先代の乱(1335)鎮圧に向かう足利尊氏の軍勢中にみえ,建武3/延元1(1336)年に伊勢守護となるが,奥州から西上した北畠顕家の軍勢を阻止できず,2年足らずで罷免。貞和1/興国6(1345)年,嫡子国氏(その祖父と同名)が奥州両管領の一方に任じられ,多賀国府に下向するが,観応1/正平5(1350)年に観応の擾乱が勃発すると,いま一方の奥州管領で足利直義党の吉良貞家に岩切城を攻められ自害。一族の連携も,幕府要職の経歴もなく不遇に終わるが,国氏の子国詮は二本松畠山氏の祖となった。<参考文献>小川信『足利一門守護発展史の研究』

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はたけやまたかくに【畠山高国】

1305‐51(嘉元3‐正平6∥観応2)
南北朝時代の武将。系図は時国の子とするが疑問。1335年(建武2)中先代の乱鎮定に向かう足利尊氏に従い,その後も足利方に属し南朝を攻撃,翌年伊勢守護に補任されるが,短期間で罷免される。45年奥州管領に補任された嫡子国氏とともに多賀国府に赴く。観応の擾乱が勃発すると尊氏を支持するが,直義方の奥州管領吉良貞家に攻められ岩切城で自害した。【鳥居 和之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畠山高国の関連キーワード北斉阿蘇惟政今川範満斯波兼頼淡輪助重南部政行船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone