邪法(読み)じゃほう

精選版 日本国語大辞典「邪法」の解説

じゃ‐ほう ‥ハフ【邪法】

〘名〙 正しくないやりかた。不正な教え。人間としての正道にそむいた道。邪道。また、魔法
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「仏祖の威儀現成するところに、邪法おのづからするなり」
※太平記(14C後)二四「邪法(ジャはふ)世に興る時は衆徒是を退くる例其の来たること尚(ひさ)し矣」
※尾形了斎覚え書(1917)〈芥川龍之介〉「切支丹(きりしたん)宗門の邪法たる儀此一事にても分明致す可(べ)く」 〔隋唐嘉話‐中〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android