コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疝気筋 センキスジ

デジタル大辞泉の解説

せんき‐すじ〔‐すぢ〕【×疝気筋】

疝気のとき痛む筋や筋肉。
正しくない系統。傍系。また、筋道を取り違えること。
「表むきの筋を通した清潔感がすべて他の―を拭き消した生活の仕上図であり」〈石川淳・普賢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんきすじ【疝気筋】

疝気のとき痛む筋肉。
正しくない系統。傍系。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android