コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌遺伝子の活性化 がんいでんしのかっせいかactivation of oncogene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌遺伝子の活性化
がんいでんしのかっせいか
activation of oncogene

癌遺伝子は 1970年代の発見当初からしばらく,癌発生の原因とみられていたが,正常細胞にも存在することが判明し,通常は細胞の増殖や分化を制御する重要な働きをしていると考えられている。しかし,実際の癌細胞では,なんらかの原因により複数の癌遺伝子が変異したり,遺伝子のコピー数を大量にふやしたりするなど異常に活性化していることがわかっている。現在,発癌のメカニズム解明のために,これらの複数の癌遺伝子の相互作用を丹念に追いかける研究が続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

癌遺伝子の活性化の関連キーワードラス癌遺伝子悪性黒色腫癌遺伝子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android