コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌遺伝子の活性化 がんいでんしのかっせいかactivation of oncogene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌遺伝子の活性化
がんいでんしのかっせいか
activation of oncogene

癌遺伝子は 1970年代の発見当初からしばらく,癌発生の原因とみられていたが,正常細胞にも存在することが判明し,通常は細胞の増殖や分化を制御する重要な働きをしていると考えられている。しかし,実際の癌細胞では,なんらかの原因により複数の癌遺伝子が変異したり,遺伝子のコピー数を大量にふやしたりするなど異常に活性化していることがわかっている。現在,発癌のメカニズム解明のために,これらの複数の癌遺伝子の相互作用を丹念に追いかける研究が続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

癌遺伝子の活性化の関連キーワードラス癌遺伝子悪性黒色腫癌遺伝子

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android