癲狂(読み)テンキョウ

大辞林 第三版の解説

てんきょう【癲狂】

精神の平衡を失う。
癲癇てんかん
漢方で、精神疾患の意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐きょう ‥キャウ【癲狂】

〘名〙
① 気がくるうこと。ものぐるい。狂気。てんごう
※正倉院文書‐大宝二年(702)御野国本簀郡栗栖太里戸籍「寄人刑部得麻呂 年五、癲狂、癈疾」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「世人これを信ずるものなく、且顛狂欺騙の人と称せられたり」 〔杜甫‐戯題寄上漢中王詩〕
癲癇(てんかん)と狂気。〔令義解(718)〕

てん‐ごう ‥ガウ【癲狂】

〘名〙 (「ごう」は「狂」の呉音)
① =てんかん(癲癇)〔日葡辞書(1603‐04)〕
② =てんきょう(癲狂)①〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の癲狂の言及

【精神病】より

… 東洋の医学でも精神病の記述は古くからあり,とりわけ古代中国では,紀元前にすでに,今日の癲癇にあたる〈癲疾〉,精神病に属する各種の〈狂〉がかなり厳密に定義され,のちにはヒステリーに相当する〈婦人臓躁〉なども記載されて,西欧に劣らぬ高度の水準を保っていたと想像される。それが日本に伝えられたのは6~7世紀のころで,701年(大宝1)に成立した大宝令の戸令には〈癲狂〉の語が見え,養老令の注釈書《令義解》にも〈癲というは,発する時,地に仆れ,涎沫を吐き,覚ゆる所なきなり。狂というは,或いは妄触して走らんと欲し,或いは自ら高賢とし,聖神と称する者なり〉と記述されている。…

※「癲狂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

癲狂の関連情報