登録国債(読み)とうろくこくさい

精選版 日本国語大辞典「登録国債」の解説

とうろく‐こくさい【登録国債】

〘名〙 債権者の氏名や債権額を政府の帳簿に登録した国債証券の発行に代えて行なうものと、記名証券を発行するものとの二種がある。
※国債に関する制(明治三九年)(1906)三条「登録国債を移転し又は登録国債を以て質権の目的と為したるとき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「登録国債」の解説

とうろく‐こくさい【登録国債】

国債登録制度に基づき、日本銀行に備える国債登録簿に登録される国債。その国債の要項、権利者の住所・氏名などを記載するだけで、証券は発行しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android