コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記名証券 キメイショウケン

大辞林 第三版の解説

きめいしょうけん【記名証券】

証券面に特定人が権利者として記載されている有価証券。裏書交付による譲渡はできない。指名証券。 ↔ 無記名証券

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記名証券
きめいしょうけん

証券上に特定の者を権利者として指定した証券で、その者だけが証券上の権利を行使できる有価証券。指名証券ともいう。手形、貨物引換証のような法律上当然に裏書譲渡が認められるもの(法律上当然の指図(さしず)証券)については、とくに裏書禁止文句が記載されたとき記名証券となる。記名証券の譲渡は、民法の指名債権譲渡の方法により(民法467条)、当事者の合意によってなされるほか、その対抗要件として、譲渡の通知または債務者の承諾という手続だけでなく、証券の引渡しを要する。その意味で有価証券とされるが、その流通性は制限され、抗弁の切断や善意取得保護の諸制度が認められない点で、指図証券や無記名証券と異なる。[戸田修三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

記名証券の関連キーワード記名証券・無記名証券無記名株式無記名債権預託証書記名株式呈示証券流通証券商品券株券利札

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android