コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井千代梅 しらい ちようめ

1件 の用語解説(白井千代梅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井千代梅 しらい-ちようめ

1816-1868 江戸時代後期の歌人。
文化13年生まれ。父は出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。母は歌人白井玉井。池田玄斎にまなび,国文に精通し書もよくした。天保(てんぽう)9年23歳のとき鶴岡から象潟(きさかた)まで旅行し,「胡蝶日記」をあらわした。明治元年9月24日死去。53歳。名はしげい。号は藤之舎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白井千代梅の関連キーワード戊辰戦争ボップマリア[1世]高山陣屋跡ナポリ王国ヘーゲル(年譜)早竹虎吉(初代)明治東京(都)晃親王

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone