白山吹(読み)シロヤマブキ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐やまぶき【白山吹】

バラ科の落葉低木。よく分枝し、卵形の葉が対生する。初夏、ヤマブキに似た白い4弁花を開く。庭木にされる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろやまぶき【白山吹】

バラ科の落葉低木。庭木とされる。晩春、枝の先に径4センチメートルほどの白色四弁の花を一個つける。小さな黒い実がなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白山吹 (シロヤマブキ)

学名:Rhodotypos scandens
植物。バラ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐やまぶき【白山吹】

〘名〙 バラ科の落葉低木。中国、四国、九州の山地にまれに野生し、観賞用に庭園に栽植される。高さ約二メートル。葉は対生し卵状楕円形で、縁にするどい鋸歯(きょし)があり、長さ四~八センチメートル。初夏、枝先に白色で径約四センチメートルの花を単生する。花弁は円形で四枚あり、果実は径約七ミリメートルの楕円形で黒く熟す。《季・春》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android