白山比【め】神社(読み)しらやまひめじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

白山比【め】神社【しらやまひめじんじゃ】

石川県鶴来町(現・白山市)に鎮座。旧国幣中社。菊理媛(くくりひめ)神・伊弉諾(いざなぎ)尊・伊弉冉(いざなみ)尊をまつる。白山(はくさん)の山岳信仰に由来する。延喜式内社に比定される。加賀国の一宮。中世,修験道の霊場として栄え,全国白山神社の総本社。白山本宮を称していたが,1871年現社号とする。例祭は5月6日。ほかに鎮花祭がある。白山縁起,三宮古記などの重要文化財がある。
→関連項目鶴来[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android