コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白山石南花 ハクサンシャクナゲ

デジタル大辞泉の解説

はくさん‐しゃくなげ【白山石南花】

ツツジ科の常緑低木。本州中部以北の針葉樹林内に自生。葉は楕円形革質。6、7月ごろ、赤みがかった白色の漏斗状の花をつける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくさんしゃくなげ【白山石南花】

ツツジ科の常緑低木。中部地方以北の亜高山帯に自生。高さ1~3メートル。葉は楕円形。7、8月、枝先に白色ないし淡紅色の花を一〇個内外つける。白石南花。蝦夷石南花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白山石南花 (ハクサンシャクナゲ)

学名:Rhododendron brachycarpum
植物。ツツジ科の常緑低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白山石南花の関連キーワードシャクナゲ(石南花)蝦夷石南花亜高山帯

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android