コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河鯉洋 しらかわ りよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白河鯉洋 しらかわ-りよう

1874-1919 明治-大正時代の新聞記者。
明治7年3月2日生まれ。「神戸新聞」「九州日報」などの主幹をつとめ,明治36年清(しん)(中国)の南京(ナンキン)江南高等学堂の総教習となる。帰国後「大阪関西日報」の主筆,大正6年衆議院議員(国民党)。大正8年12月25日死去。46歳。福岡県出身。帝国大学卒。本名は次郎。著作に「孔子」「諸葛(しょかつ)孔明」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白河鯉洋の関連キーワード大正時代白河次郎

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android