コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白滝幾之助 しらたき いくのすけ

1件 の用語解説(白滝幾之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白滝幾之助 しらたき-いくのすけ

1873-1960 明治-昭和時代の洋画家。
明治6年3月17日生まれ。はじめ山本芳翠(ほうすい),のち黒田清輝に師事。明治37-44年欧米に留学。日本的風俗をおもな画題とした。昭和27年芸術院恩賜賞。昭和35年11月25日死去。87歳。兵庫県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「稽古(けいこ)」「裁縫」「野村氏の像」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の白滝幾之助の言及

【藤島武二】より

…87年の東洋絵画共進会,89年の青年絵画共進会に日本画で受賞するが,90年同郷の曾山幸彦の画塾,ついで中丸精十郎,松岡寿のもとで初志の洋画研究を開始した。翌年からは山本芳翠の生巧館画学校へ通い,同年明治美術会第3回展に,同じく山本門下にあった白滝幾之助(しらたきいくのすけ)(1873‐1959)の名を借りて油絵の処女作《無惨》を出品した。93年三重県立尋常中学校助教諭として津に赴任したが,同年フランスから帰国した同郷の黒田清輝に大きな感化を受け,96年黒田らの白馬会創立に参加,また黒田の推薦で同年開設の東京美術学校西洋画科助教授に就任した。…

【明治・大正時代美術】より

…また明治美術会を脱し,フランスの明るく自由な画家社会を理想とする新しい絵画団体白馬会を結成,主宰する。黒田は美術学校と白馬会に拠って,藤島,岡田をはじめ,和田英作(1874‐1959),湯浅一郎(1868‐1931),白滝幾之助(1873‐1959),長原孝太郎(止水。1864‐1930),中沢弘光(1874‐1964),北蓮蔵(きたれんぞう)(1876‐1949),小林万吾(1870‐1947)ら,明治後期の洋画壇を築いた多くの新人を育てた。…

【山本芳翠】より

…そうした関係で帰国後に開設した画塾生巧館を黒田にゆずり,みずからも白馬会に参加した。古典様式に基づく歴史画や風俗画を残すが,その作風は藤島武二や白滝幾之助(1873‐1960)らに継承された。【酒井 忠康】。…

※「白滝幾之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白滝幾之助の関連キーワード安宅安五郎今井憲一大森商二織田東禹佐川敏子都鳥英喜永地秀太福田たね間部時雄渡部審也