和田三造(読み)ワダサンゾウ

百科事典マイペディアの解説

和田三造【わださんぞう】

洋画家。兵庫県生れ。白馬会研究所に学んだ後,1904年東京美術学校卒業。1907年第1回文展出品の《南風》で2等賞を受け,一躍画名を高めたが,のち,この作品は外光派の記念碑的作品とまで評価された。1909年―1915年ヨーロッパ,インドビルマ(現ミャンマー)に留学し,洋画工芸美術を研究,以後図案や色彩の研究にも尽力した。晩年水墨画も制作。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田三造 わだ-さんぞう

1883-1967 明治-昭和時代の洋画家。
明治16年3月3日生まれ。白馬会の黒田清輝に師事。明治38年白馬会賞受賞。40年「南風」が文展の2等賞。文展審査員,帝国美術院会員となり,昭和7年には母校東京美術学校(現東京芸大)の図案科教授。色彩学を研究,20年日本色彩研究所を設立した。33年文化功労者。昭和42年8月22日死去。84歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田三造
わださんぞう

[生]1883.3.3. 兵庫
[没]1967.8.22. 東京
洋画家,色彩研究家。 1900年福岡の中学校を中退して上京し,白馬会研究所で黒田清輝に師事。 04年青木繁,熊谷守一らとともに東京美術学校を卒業。 07年第1回文展に『南風』 (東京国立近代美術館) ,翌年『い燻』 (焼失) を出品し,いずれも最高賞を受賞。 09年文部省留学生として渡欧,洋画のほか工芸図案も研究し,インドやビルマ (現ミャンマー) を経て 15年に帰国。その後,文展に『バーの午後』を出品してからは,おもに絵更紗工芸と日本画に精進。また 27年に日本標準色協会を設立して,日本最初の総合標準色票『色の標準』をはじめ『改良マンセル色票』その他を発表し,色彩の研究にも尽した。また文展および帝展審査員,東京美術学校図案科教授,商工省輸出工芸審査員,日本芸術院会員,日展審査員,日展顧問などを歴任し,58年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和田三造
わださんぞう
(1883―1967)

洋画家。兵庫県生まれ。1900年(明治33)上京して白馬(はくば)会菊坂洋画研究所に入り黒田清輝(せいき)に師事。04年東京美術学校西洋画科を卒業し、翌年白馬会展に出品して白馬会賞を受ける。7年第1回文展に外光主義の記念碑的作品とされる『南風』(東京国立近代美術館)を、第2回文展に『煒燻(いくん)』を出品して連続二等賞を受け、無鑑査となる。09年文部省留学生としてヨーロッパに渡り、フランスを中心に各国を巡遊、帰途インド、ビルマ(現ミャンマー)に滞在して15年(大正4)に帰国。27年(昭和2)帝国美術院会員、32年東京美術学校教授となり図案科の指導にあたる。また日本標準色協会、のち日本色彩研究所を設立して理事長となり、著書に『色名総鑑』『色名大辞典』がある。晩年は色彩映画に協力し、大映の『地獄門』は55年のアメリカ・アカデミー賞で色彩デザイン賞を受賞。58年文化功労者。

[小倉忠夫]

『西野貫編、日本色彩研究所監修『和田三造とその偉業』(1983・六芸書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

和田三造
わださんぞう

1883〜1967
明治〜昭和期の洋画家
兵庫県の生まれ。東京美術学校卒。黒田清輝に師事。1907年第1回文展に出品した『南風 (なんぷう) 』で認められる。フランスに留学後,母校教授となり,色彩学を研究した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の和田三造の言及

【官展】より


[初期の文展]
 1907年に開設された文展は,日本画,洋画,彫刻の3部で構成され,第1回展の審査委員に橋本雅邦,横山大観,下村観山,竹内栖鳳,川合玉堂,黒田清輝,岡田三郎助,和田英作,浅井忠,小山正太郎,中村不折,高村光雲,長沼守敬,新海竹太郎など各派の有力作家のほか,大塚保治,岡倉天心,藤岡作太郎,森鷗外,岩村透ら学者が任命された。そして菱田春草《賢首菩薩》,和田三造《南風》の2等賞受賞(1等賞なし)などは,発足した文展の明るい面を示すものであった。しかしまた,人事をめぐる確執も最初から起こっている。…

※「和田三造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報