白穂(読み)しらほ

世界大百科事典 第2版の解説

しらほ【白穂 white head】

イネ科農作物の穂が水分の異常な欠乏により白色に枯れ上がること。出穂期フェーンが吹いた場合などにしばしばみられる現象で,出穂直後の軟弱な穂からの急激な蒸散に,根からの水分供給が間に合わないことが原因となる。受精が障害を受けて不稔となるばかりでなく,穂は脱色されて白くなる。その後環境条件が好転しても,回復を期待することはできない。【山崎 耕宇】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android